市営開催情報

【無観客開催】久留米競輪開設71周年記念(G3)「第26回中野カップレース」
6月6日(土)7日(日)8日(月)9日(火)

無観客開催について

■政府の新型コロナウイルス感染症対策本部によるイベント中止や延期、規模縮小の方針表明を受けて、 本開催は無観客開催といたします。
■インターネット投票、電話投票では通常どおり車券の購入ができます。
■当面の間、全国の競輪は無観客開催となっており、場外発売も実施しておりません。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

インターネット投票・電話投票のご案内

インターネット・電話投票には、銀行口座の準備や入会申込みが必要です。各事業者サイトのご案内をご覧ください。

競輪 インターネット投票 オッズパークは、地方競馬、競輪、オートレースの投票が入会金、年会費無料で楽しめます。 外部リンク 競輪車券を買うなら『すごい!!』Kドリームス!ケイリンくじのケイドリームス 外部リンク チャリカとは、チャリロト.comで投票を行うための、専用の電子マネーです。最大12億の競輪くじや競輪・オートレース車券を購入するなら、公式サイト「チャリロト.com」! WinTicket(ウィンチケット)は、競輪(KEIRIN)のライブ映像の視聴・投票が可能なインターネット投票サービス。 外部リンク みんなの競輪 LotoPlaceは、モーニングから深夜のミッドナイトまで、全国の競輪投票できるインターネット投票サイトです。 競輪・オートレースのギャンブル予想ならGamboo(ギャンブー)

展望

久留米競輪場開設71周年記念「第26回中野カップレース」が6月6日~9日の日程で開催される。
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から6月の競輪開催は「地区内あっせん」が実施される。
その第一弾の記念シリーズとして注目を集める4日間。
中国、四国、九州の3地区108名の選手によって、これまでとはひと味違ったV争いが展開される。
ハイレベルなメンバーがそろったが、松浦悠士、清水裕友の中国のS班ゴールデンコンビが息の合った連係プレーで他を圧倒しそうだ。

清水裕友、松浦悠土の中国ゴールデンコンビに期待が集まる。
この2人が昨年の終盤戦から競輪界を席巻している。
昨年11月の小倉競輪祭は松浦、今年2月豊橋の全日本選抜は清水がそれぞれG1初制覇を果たした。
そして3月の福井ウィナーズカップは松浦が優勝。
いずれも決勝は両者で連係して、番手を回ったほうがVをさらっている。
自力で強い2人が並んでしまえば、他の選手は太刀打ちできない。
連係する時に、どちらが前を回るのかが最大のポイントになりそうだ。
中国勢はS班の2人以外にも実力者が控えている。
岩津裕介は安定した戦いぶりが光っている。
ナショナルチームでスピードに磨きをかけた河端朋之、復調ムードの宮本隼輔の走りも見逃せない。

四国勢は普段の開催なら中国勢と連係することが多いが、これだけ人数がそろうと別線勝負になる可能性が高い。
四国の主軸を担うのは原田研太朗だ。
今年は年頭から白星ラッシュ。
3月ウィナーズカップでも優出するなど豪脚を披露していたが、4月以降は新型コロナウィルスの影響で走れていない。
好調を維持していれば、あっさり勝ってもおかしくない。
徳島同士の小倉竜二が原田のガード役だ。
4月高知ブロックセブンは貫禄のV。
度重なる落車のケガから立ち直り、本来の切れが戻っている。
渡部哲男、香川雄介は差し脚好調。
流れさえ向けば勝ち負けできる。
落車のケガから徐々に復調している太田竜馬も軽視できない。

九州勢はS班の中川誠一郎に山田英明、井上昌己がV候補に挙げられる。
中川は昨年10月の熊本記念in久留米で完全優勝を飾ったことが記憶に新しい。
S班に返り咲いた今年はいまひとつ流れに乗れていないが、そろそろ本領を発揮しよう。
山田は強烈なまくりを主武器に各地で奮闘している。
2月全日本選抜で決勝3着と大健闘。タイトルに手が届く位置まできている。
井上昌己は自力の決まり手がなくなったが、シャープな決め脚はまだまだ健在だ。
V戦線に必ず食い込んでくるだろう。
地元の福岡勢は坂本亮馬、吉本卓仁、田中誠ら総勢16名がエントリー。
一丸となって他地区の強豪を迎え撃つ。
坂本は6年ぶりの地元記念制覇、吉本は地元記念初優勝を目指して全力を注ぐ。

主力選手

【推奨選手】
曽我 主佑
(熊本・113期)
今年1月にS級昇格を果たした九州のホープ。
2月の落車で調子を崩してしまったが、復帰3戦目の4月小田原F1の準決勝は寺﨑浩平、村上義弘の強力近畿勢を破る大金星。
S級初勝利、初優出を決めた。
今期の競争得点は96点。
S級点確保へ勝負駆けのシリーズになりそうだ。
【推奨選手】
紫原 政文
(福岡・61期)
52歳のベテランは元気いっぱい。
いぶし銀の走りで毎場所のように車券に貢献している。
昨年末に落車した影響はもうないだろう。
万全の状態で迎えられそうだ。
この大会は師匠の冠レースで誰よりも思い入れが強い。
地元のアドバンテージを最大限に生かして結果を出す。
【推奨選手】
三登 誉哲
(広島・100期)
ムラ脚だが、勝ちパターンに持ち込んだ時の爆発力は相当なもの。
4月玉野F1で2勝を挙げると、続く同月佐世保F1では今年初優勝。
決勝は寺崎浩平のまくりに屈したが、逃げて3着と健闘している。
デビュー戦で完全優勝を飾った思い出のバンクで存在感を示す。
【地元選手】
坂本亮馬
(福岡県・90期)
【6年ぶりの地元記念制覇に挑む】
もともと1人で練習することが多いので、(新型コロナウイルスの)影響はそこまでなくて、トレーニングはしっかりできています。
いつもはレースで感覚をつかむんですが、いまは走ってないので何とも言えないですね。
(競輪開催の中止が続いていることに関しては)他の公営競技は開催して支援していたりするので、少しもどかしい気持ちはあります。
地元記念は毎年、呼んでもらっていて、(2014年に)1回優勝しているんですけど、それら決勝で勝てていないので、しっかり脚力を戻してもう1回優勝したいと思ってます。
今回は地区内あっせんで、すごく新鮮ですね。
普段は仲間として連係している選手と戦うことにもなると思う。
楽しみのほうが大きいし、ファンのみなさんにも楽しんでもらいたいですね。
地元記念は毎年、GI以上に気持ちが入ります。
無観客でみなさんの前で走れないのは残念なんですが、4日間いい走りをして、決勝で勝負できるように頑張ります。
【地元選手】
吉本卓仁
(福岡県・89期)
【久々でも準備は万端!!】
(新型コロナウイルスの影響で)いまは家にいることがほとんどですね。
(開催中止が続いているのは)人に移してしまうかもしれないということを考えれば、仕方ないと思ってます。
練習はもともと1人でやっていたので、変わらず外で乗ることはできています。
練習だけの感じなら、かなり上がってきています。
いい頃の状態まで脚は戻っていると思います。
あとはレースで走ってみてどうかですね。
地元記念は毎年、だいたい呼ばれています。
(2018年の)準優勝が最高なんですが、今回は西日本だけの開催ですからね。
目標を付けてもらえればいいんですけど、(ラインは)九州だけという感じになると思うし、自力の番組が増えるのかなって思ってます。
この地元記念が(4月川崎F1以来)2カ月ぶりのレースになりそうなんですが、基本的に配分が空くのは好きなほうなんで、いつもと変わらない感じで走れると思います。
地元の久留米記念なので、4日間しっかり1着を目指して頑張ります。

出場予定主力選手トップへ