市営開催情報

KEIRINオフィシャル投票のご案内

KEIRIN公式投票サイトの会員登録は、ゆうちょ銀行など指定の銀行口座をお持ちであれば、パソコン・スマートフォンから簡単に登録でき、インターネット投票がお楽しみいただけます。
入会金、年会費はいっさい無料!抽選で現金千円が当たる新規入会キャンペーンや、毎月お得なキャッシュバックキャンペーンも盛りだくさん!
この機会にぜひ、入会をご検討ください。 KEIRIN公式投票サイトへ

KEIRINオフィシャル投票のご案内画像

久留米ミッドナイト競輪(F2)「ウィンチケットミッドナイト競輪」
1月23日(月)~26日(木) ※24日(火)は中止順延となりました

展望

《A級1・2班戦展望》
今回のミッドナイトは西日本地区の攻防、中近の軸はA級№1の仕事人として脚光を浴びてる高間悠平(福井)。復活が待たれる篠塚光一(兵庫)が近畿で、中部は自力の山崎晃(石川)、自在、松田大(富山)、追い込みの宮西翼(石川)、村上卓茂(愛知)が1班。瀬戸内は多田晃紀(岡山)を先頭に、自在、滝本泰行(岡山)、実績の立花成泰(岡山)、藤原浩(高知)が主力。
作田悦章(徳島)、阿部功(高知)も1班。九州を牽引するのは、自力の曽我圭佑(熊本)。連携するのは、南九州の追い込み型、萱島大介(大分)、屋良朝春(沖縄)に、高鍋邦彰(福岡)、吉良勝信(福岡)が1班。2班で上位に通用しそうなのは、捲りの東鉄也(三重)、松田直也(大分)、水谷将司(愛知)、布居大地(和歌山)、追い込みは、清水邦章(香川)、平総一(熊本)、四元慎也(宮崎)、篠原英雄(高知)、川野正芳(大分)は、予選ないし負け戦での主力。


《チャレンジ展望》
今回のチャレンジ戦は121期のホープが8人、それだけでなく2班から降格した実力者も6人の大激戦。梅崎隆介(長崎)はトライアスロンをやってた事で30過ぎて転身した苦労人、井上昌己のグループで練習してる事でパワーはS級それもトップクラス。河崎正晴(熊本)は、元選手の父(公博・65期)の後を追って自衛隊に2年在籍し、心身を鍛えただけあって勝負強さは天下一品。昨年12月の当地ミッドを追加で走った南儀拓海(富山)は、日大時代は中・長距離で活躍した逸材。
松下綾馬(岡山)は鳥取出身で雄大な体躯が武器。渡部哲男(84期)の弟子、森本桂太郎(愛媛)はスピードタイプ。四国地区プロ4000TTの覇者、真砂英作(香川)は、香川雄介(76期)が育ててる大器。地元田代匠(福岡)は、八尋英輔(89期)の弟子で努力次第ではの新人。降班組で狙えるのは増成富夫・小林健の岡山コンビに、自在の片折勇輝(福岡)、坂元洋行(三重)は、経験で121期生をリードしてる。

主力選手

曽我圭佑
(熊本)
28才113期生
父、明宏(69期引退)の闘う姿に影響され高校・大学は競技に打ち込んだエリート、113期を優秀な成績で卒業したにしては伸び悩んでるが努力次第ではS級に定着してもおかしくない器。来期のS級返り咲きは確定して居り、狙うは自力での今年初V。
高間悠平
(福井)
34才95期生
前期は殆ど優出を果たし、抜群の成績を収め、来期のS級は決定的の実力者。練習してるのか、たまに放つ捲りは強力だが、それ以上は絶対にあきらめない闘争心、勝利するためなら事故点は怖れず、捌く姿は正に鬼、展開不問で主役。
滝本泰行
(岡山)
27才107期生
素材は一級品なのに、器用に走りたがるのが仇に成りA級に甘んじてるが、その気に成り攻めた時のパワーは強烈、それが昨年11月末の地元玉野戦で、山本奨・中村良二・立部楓真・近藤翔馬を相手に優勝。今回は多田晃紀・立花成泰との連携で狙うはV。
立花成泰
(岡山)
44才82期生
与えられたメンバーで力を出し切る事をモットーにしてる人生を達観してる中堅レーサー。そこ迄S級に拘ってないが、家族を養うために頑張った結果が来期のS級。今回は頼りになる後輩が2人も居り、任せて最低でも決勝進出。
松田大
(富山)
33才98期生
前期は失格もありS級点キープに失敗したが、今年こそはで気合入れ、室内練習に打ち込んでる明るい自力型。S級でもまれてるだけに度胸は申し分なく、メンバー次第では捌きもやるし、捲りに転じる事も。中部ラインの核。
屋良朝春
(沖縄)
38才94期生
自転車の名門、日本大学を卒業して東京は京王閣を拠点に活躍してたが、S級から陥落したのを機に、古里(沖縄)に戻り、選手として頑張る傍ら政治の世界に興味を示し、住んでる村を何とかせんと、昨年夏の選挙で村議に当選した異色のレーサー。
萱島大介
(大分)
43才99期生
以前は社会人野球の球団を持ってたローソンからプロ野球、阪神タイガースに在籍した有名人は、第2の人生は「競輪選手」と決め、何とかS級までは上ったが、昨年は体調もあって不振を極め、今年こそはで練習したならVの一角。
藤原浩
(高知)
43才87期生
力あっても落車には勝てず、ここ数年は怪我との闘いで満足に走れてないが、S級に戻る事はあきらめておらず、独特のレース勘で好位をキープする技術には長けているので、岡山勢との連携から何としても準決突破。
多田晃紀
(岡山)
29才103期生
師匠は柏野智典(88期)、高校時代はスプリント競技で活躍し、103期生としてデビューしてからは先行1本を貫いて来たのに、何故か落車が多く、其の都度、骨折の重傷続きで波に乗れずにいるが、能力は高く、今回のメンバーはチャンスしかない。

出場予定主力選手トップへ