市営開催情報

久留米競輪ナイター開催(F2)「エンジョイ・スピードパーク・ナイトレース」
4月13日(土)14日(日)15日(月)

展望

《1・2班戦展望》
今回の久留米ナイターはA級1・2班戦5個とチャレンジ5個の10レース制。
1・2班戦には北日本・関東・南関東・中部・四国・九州から集まった45名の攻防。
北の主力は来期のS級返り咲きを決めてる泉慶輔(宮城)に40を越えてブレークしてる坂口卓士(福島)の追い込み型。
関東からは自力の菅谷隆司(東京)にはS下がりのマーカー佐藤学(栃木)。
中部は自力・自在の実力者、宮越孝治(富山)に篠原忍(愛知)は共に来期のS級を決めて今期も当確圏内。
近畿の小谷実(京都)に辰己豊(奈良)は中部とドッキング。
瀬戸内は2班の若手先行レーサー吉田智哉(愛媛)が光った存在。
連携するのは巧者、増田鉄男(徳島)。九州の主役は福岡支部長でここ久留米のドン藤田剣次が絶好調。
前で頑張るのは自在の佐方良行(熊本)に捲りの山崎翼(大分)。
他の1班では復活が待たれる篠塚光一(兵庫)は準決でも。
2班で目立って調子良いのは、南九州の支部長、四元慎也(宮崎)。

《チャレンジ展望》
チャレンジ戦は113期生4人のV攻防。
太田将成(宮城)は競輪一家に育った事もあり、高校迄はJリーガーを夢見てサッカーの名門校で頑張っていたが、スポーツで身を立てたいで選んだのは競輪選手。
デビュー戦でいきなり3連勝した逸材は先行・捲りが主戦法。
藤井將(広島)は大屋健司(87期)の弟子、中学・高校迄はバスケットボールと柔道で体力を養い勇躍デビュー、優勝こそ昨年10月の川崎で1度だけ乍ら、逃げの気持は強いホープ。
ラモス・レオ(沖縄)はキューバ人の父と日本人の母との間に生まれたハーフ、底知れない可能性を秘めてるが、家庭環境もあって優勝歴こそ無いが、キッカケさえあれば大化けする器、新人らしい先行・捲りが主戦法。出遅れてるのは篠田樹(大分)、格闘技をやってただけに体力には自信があり、練習では強くても実戦で半分も出せてないが、そろそろの頃でもあるので。

レース展望

主力選手

宮越 孝治
(富山・40才)
82期
82期のルーキーチャンピオンに輝いた北陸を代表するスターは怪我には勝てずA級に陥落したが、体調さえ戻れば持ってる物は違うので。
自力主体の自在戦法で来期のS級は決めたし、今期はレインボーファイナル出場を確定させる快調子。
今回のメンバーなら3日間、自力勝負。
藤田 剣次
(福岡・41才)
85期
福岡支部長職を7期連続で務め、九州本部長を兼ねてるのに弟子の育成に力を入れ、男だけでなく、ガールズのスターを次から次に輩出させてる手腕は凄いとしか。
本業の方でもと練習したのか、今期は捲りを復活させて2度のVは立派で、今回は優勝しか狙わない。
佐方 良行
(熊本・38才)
97期
先行・捲りの自力を主戦法に展開に応じて捌きをやる事で来期のS級復帰を決めただけでなく、今期も順調。
凄い練習をしてるのか、現在が選手に成って一番充実してるのでは。
久留米は熊本から近いので気持は地元であれば狙うは優勝の二文字。
吉田 智哉
(愛媛・21才)
111期
111期生として愛媛からデビューしたのは4人。
松本貴治・門田凌・今野大輔は早々に特進を決めて活躍してるのに追い付き追い越せで頑張ったのが来期の初S級であり、今期の好成績。
体は小さいが、やってる事はスケール大きい先行・捲りの自力勝負。
菅谷 隆司
(東京・34才)
96期
日大迄は陸上十種競技で活躍、卒業後は日大派閥の関係で大学の先輩、高橋大作(83期)に弟子入りして96期に合格。
S級では通用しなかったが前期のA級で絶大なる自信を掴んだのが来期のS級昇格。
先行・捲りを主戦法にいざと成れば何でもやれるのが武器。
泉 慶輔
(宮城・29才)
99期
マーカーとして初めてS級に昇格、善戦健斗したが上位の壁には勝てず、それでA級に逆戻りしたが、S級の経験を生かしての大活躍、それが前期の成績であり、来期のS級、今期も順調に点数は取って居り、この分ならS級定着は見えたも同然、巧みな運行で優勝争う。
篠原 忍
(愛知・36才)
91期
高校・大学とエリート街道を驀進して来たエリートは野性味溢れる運行でS級上位に定着してたが、愛知の女性と結婚したのを機に移籍、落車が続いて今では追い込み主体の自在型に転向しても気持は変わらないし、豪放そのもの。
今回は調子上げての参戦。
増田 鉄男
(徳島・45才)
74期
細身だけど烈々たる闘志で好位勝負に徹し、落車・失格を恐れぬ突っ込みでS級でも活躍してたが、年齢から来る脚力の衰えはどうする事も出来ずA級に定着してしまったがS級カムバックはあきらめてないし、それだけの練習はしてる玄人ファンに人気の巧者。
山崎 翼
(大分・30才)
95期
強烈なダッシュを武器にS級を経験したが、あまりにも単調過ぎてまとめる事が出来ず、来期もA級だけど、今期は気合が違うのか練習してるのが新人に遜色無い強烈パワー。
今回は九州の先頭を受け持ち、先行・捲りの自力でパワー全開。

出場予定主力選手トップへ